立川法人会女性部会では、小学生への租税教育活動として、毎年、「税に関する絵はがきコンクール」を実施しています。
 租税教室などを通じて、学童に”税の大切さ”や”税の果たす役割”について学んでもらい、その知識や感想を”絵はがき”にすることで、税に対する理解をより深めてもらうことが目的です。
◆テーマ
税に関する絵(税金で造られている建物・施設、税金で購入される物品、 税金で行われている仕事など)であれば何でも構いません。(盗作や模倣と認められた場合は失格)
◆応募資格
立川市、国立市、昭島市、武蔵村山市、東大和市、国分寺市及び都内の小学生が対象です。
◆応募点数
児童1人につき1点とします。
◆募集期間
令和5年4月1日~令和5年10月末日
◆表彰・発表
① 令和5年11月頃、第1次選考会、第2次選考会を経て、表彰対象作品を学校を通じて
ご連絡します。
② 令和6年3月頃、「租税教室謝恩映画祭」の第1部において優秀賞、入選作品を
表彰します。(予定)
★ 優秀賞(立川税務署長賞 1点・立川都税事務所長賞1点・会長賞1点・女性部会
長賞1点)、入選10点程度
◆作品展示
優秀賞、入選、佳作(20点)は、立川税務署庁舎1Fロビーと東京都立川都税事務所庁
舎1Fロビーに掲示される予定です。(ご注意)
①応募作品に関する権利は、ご応募と同時に主催者である法人会に帰属します。
②応募作品の返却はいたしませんので、あらかじめご了承ください。
③応募作品は法人会ホームページやパンフレット等への掲載、または法人会が行う事業
において展示することがあります。
④応募者の個人情報は入選者等への連絡や表彰状の送付、展示など「税に関する絵はが
きコンクール」事業の実施のためにのみ使用します。
募集を締め切り、2回の選考会を経て選ばれた第11回の優秀賞(4点)、入選(10点)、佳作(20点)の作品は、立川税務署庁舎1Fロビーと東京都立川都税事務所庁舎1Fロビーにおいて3月末まで展示しています。⇒こちらから

全国女性フォーラムでは「絵はがきコンクール」を通じて、
税への関心を啓発しています

<令和5年4月13日(木)第17回愛媛大会/参加者約1,900名>
女性部会は、毎年4月に開かれる全国女性フォーラムにおいて、全国から選りすぐられた「税に関する絵はがき」の優秀作品を展示し、こどもたちが税をどう考えているか等、税への関心の啓発を行っています。
当立川法人会女性部会においても、全国女性フォーラムに参加し、税について話し合っています。