東法連ニュース

第2017年(平成29年)7月号 第377号

「税」に関する活動に力点
公益性の高い事業展開に努める
~平成29年度事業計画・活動の基本方針~

 総会で報告された平成29年度事業計画における活動の基本方針はつぎのとおり。

◆活動の基本方針

 全法連が新たに制定した法人会の理念の下、法人会は「法人自治」及び「自己責任」の原則に基づき、活動の更なる充実に努める。

 事業の実施にあたっては、法人会の原点である「税」に関する活動に力点を置きながら、行政と連携した公益性の高い事業展開に努めるととともに、法人会活動の活性化のため、会員増強及び会財政の健全化についても一層力を注ぐ。

平成29年度事業計画を報告する通常総会

謝状および記念品贈呈式を挙行 岡田東京国税局長ら来賓多数

 感謝状および記念品贈呈式は、岡田則之東京国税局長をはじめ多くの来賓が出席のなか挙行され、功労のあった個人、単位会それぞれに、池田会長から感謝状と記念品が贈呈された。

 また、平成28年度の各納税表彰受彰者等に対して、池田会長から記念品が贈呈された。

 贈呈後、池田会長は受彰者に対してお祝いの言葉を述べ、続いて、岡田局長、目黒克昭東京都主税局長の来賓2氏から祝辞が寄せられた。

来賓の白井純夫東京国税局課税第二部
法人課税課長(右)、市川孝雄東京都主税
局課税部法人課税指導課長(左)

約400名出席のなか挙行された
感謝状および
記念品贈呈式

岡田則之 東京国税局長

法人会との連携・協調関係を強固なものに

岡田 則之 東京国税局長 

 法人会活動に多大な貢献をされ本日受彰された皆様方には、心からお祝いを申し上げます。
  法人会は、永年にわたり、よき経営者を目指すものの団体として、正しい税知識の普及と納税意識の高揚を図るための啓発活動に熱心に取り組んでこられるとともに、社会貢献活動にも取り組まれ、地域社会・経済の発展にも大きな役割を果たしておられます。
 特に、本年1月から本格利用を開始しましたマイナンバー制度につきましては、会報誌による広報や説明会の開催など、制度の周知・広報にお力添えをいただいております。
 法人会の皆様とは、国税庁全体の取組みとして、従前培ってきた連携・協調関係を強固なものにしていくという方針の下、率直に意見交換を行うことが重要と考えております。
 今後も、法人会の活動に有益な情報の提供や、説明会への講師派遣、「税に関する絵はがきコンクール」の募集活動の後援など、できる限り対応させていただきます。
 また、法人会で実施している自主点検チェックシートを活用した企業の税務コンプライアンス向上のための取り組みは極めて有意義なものと考えており、この活動の普及・拡大に向け、連携・協調が不可欠と考えますので、引き続きよろしくお願い申し上げます。

月別バックナンバー

  • 経営支援サービス 小冊子
  • 都内各地の法人会
  • 東法連 特定退職金共済会

ページの先頭へ