東法連ニュース

第2017年(平成29年)4月号 第374号

受託会社の加入推進優績者に感謝状等を贈呈
東法連特定退職金共済会

 公益財団法人東法連特定退職金共済会(池田弘一理事長)は、2月23日、明治記念館において、平成28年度加入推進優績者表彰式を開催した。表彰式では共済制度の普及に優秀な成績を収めた大同生命保険株式会社の推進員、および代理店に対し、感謝状と記念品を贈呈した。

あいさつする池田弘一理事長

 当日は、各単位会の会長、厚生担当役員、専務理事・事務局長、当共済会の理事、監事、評議員、大同生命幹部等、約190名が出席した。

 冒頭、池田弘一理事長より「当共済会は昭和52年10月の設立以来、従業員の福祉の増進と中小企業の振興に寄与することを目的に、事業を展開してきた。退職金制度は、雇用の確保のうえでも極めて重要であり、特定退職金共済制度を広く周知して加入者の拡大に努めていくことが当共済会の大きな役割である。推進員の皆様には、各法人会の役員・事務局の方々と連携を密にしていただき、引き続き未加入企業等に対する推進活動をよろしくお願いしたい。」と挨拶があった。

 平成28年度表彰基準には66名が該当し、東京支社の加藤祥子氏が代表して池田理事長から感謝状と記念品を受け取った。

 表彰式終了後は引き続き祝賀パーティーが開かれ、和やかな雰囲気の下、懇談が行われた。

 なお、同共済会では、平成2812月、加入事業所へのサービス向上と、未加入企業に対する加入推進策の一環として、ホームページを一新した。退職金を試算できるツールや、人事・労務に関する情報コーナー等を新たに設け、退職金規程や就業規則の見直しなどにも役立つ内容となっている。

代表受領する加藤祥子氏(右)

月別バックナンバー

  • 経営支援サービス 小冊子
  • 都内各地の法人会
  • インターネット・セミナー
  • セミナービデオ・レンタルサービス
  • 東法連 特定退職金共済会

ページの先頭へ