東法連ニュース

第2015年(平成27年)10月号 第356号

「税を考える週間」にJRへ広告
確定申告期に都営地下鉄へ広告
広報委員会

 東法連は広報委員会(小竹良夫委員長・荻窪法人会会長)を9月11日全法連会館で開催し、平成27年度における広報活動の詳細を決定した。
 「税を考える週間」(11月11日〜17日)には昨年同様JR線車内まど上広告を、確定申告期には、都営地下鉄ドア横(大江戸線はまど上)広告を行うことになった。また、全法連が行っている法人会アンケートシステム登録者の増加推進について意見交換を行った。
 JR線車内まど上広告は、「税を考える週間」のPRを兼ね法人会の知名度向上を図るため、毎年1都6県(東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・栃木・群馬)の法人会連合会が合同で行っているもので、今年も昨年同様の内容で実施する。
 法人会アンケートシステムについては、「アンケート内容を魅力あるものにすれば、登録者も増えるし、マスコミに取り上げられる可能性も高まるのではないか。」などの意見が寄せられた。
 なお、委員会に続いて49会のメンバーによる広報委員会連絡協議会を開催し、委員会の内容等を報告した。

JR電車内まど上ポスター

JR電車内まど上ポスター

J R 線車内まど上広告
(1)掲出期間 :3線群(下記 アイウ)11月7日(土)~11月16日(月)
(下記 エオ)11月2日(月)~11月30日(月)
(2)掲出場所 :車両内まど上
(3)掲出路線 :JR首都圏各路線
ア. 京浜東北線群(京浜東北線、根岸線、横浜線、南武線、鶴見線、
相模線、埼京線、りんかい線)
イ. 山手線群(山手線、常磐線快速・成田線、常磐線各駅停車・地下
鉄千代田線直通)
ウ. 中央線群(中央線快速、中央総武線各駅停車、京葉線、青梅
線、五日市線、武蔵野線、中央線・地下鉄東西線直通)
エ. 宇都宮線・高崎線  オ. 常磐線中距離電車
(4)掲出車両数:7,500両( 1両1枚・10両編成の場合10枚)

月別バックナンバー

  • 経営支援サービス 小冊子
  • 都内各地の法人会
  • 東法連 特定退職金共済会

ページの先頭へ