東法連ニュース

第2020年(令和2年)7・8月号 第412号

小林理事長が再選 役員・評議員の改選行われる【東法連特定退職金共済会】

 公益財団法人東法連特定退職金共済会(小林栄三理事長)は、6月17日に予定していた第18回定時評議員会を、新型コロナウイルスの影響で開催を見合わせ、決議の省略及び報告の省略により行った。

 決議事項は①令和元年度事業報告 ②同収支決算 ③任期満了に伴う役員及び評議員の選任で、6月19日までに評議員全員から書面による同意の意思表示があり、評議員会の決議及び報告があったものとみなされた。

 任期満了に伴う役員及び評議員の選任では、理事候補者11名、監事候補者2名及び評議員候補者8名の就任が承認された。

 後日、理事11名による理事長、副理事長、専務理事の互選が行われ(※決議の省略による)、小林栄三理事長、田中光史専務理事が再選されるとともに、松本光史副理事長が新たに選任された。

月別バックナンバー

  • 都内各地の法人会
  • 東法連 特定退職金共済会

ページの先頭へ