東法連ニュース

第2019年(令和元年)8月号 第402号

平成30年度事業報告・収支決算を承認【東法連特定退職金共済会】

 公益財団法人東法連特定退職金共済会(小林栄三理事長)は6月18日、第16回定時評議員会を全法連会館で開催し、平成30年度事業報告・収支決算を原案どおり承認した。

 当日は、松本光史評議員が議長となり議事が進められ、事業報告では前年度同様、各法人会の協力を得て、法人会広報誌への広告掲載や加入推進チラシの折り込み、ホームページへのバナー広告の掲載、各種会合でのPR動画の視聴などを実施したほか、委託保険会社の都内各支社新人推進員を対象とした研修の定期開催、都内未加入事業所あてダイレクトメールの送付、都内中小企業の賃金・退職金統計データ最新版を委託保険会社へ提供したことなどが報告された。また、収支決算では掛金収益が40億円(前年度より1億7千6百万円増)になったことなどが説明された。

 加入状況については、加入者数と加入口数は増加傾向にあるものの、事業所数は解約や従業員の退職(脱退)により加入者数がゼロとなる事業所が、新規加入事業所を上回ったことにより減少している。このため同共済会では、将来にわたって、制度をより安定して運営していくためには、新規加入事業所の拡大が必要不可欠であり、引き続き各法人会のご協力をお願いしたいとしている。加入状況の詳細は別表のとおり。

 平成31年3月期(平成30年3月期)対前年比
(ア)事業所数4,991社5,094社98.0%
(イ)加入者数35,346人34,953人101.1%
(ウ)加入口数320,817口315,340口101.7%
(エ)掛金収入40億円38億2,400万円104.6%
(オ)給付金額40億1,000万円37億2,000万円107.8%
(カ)積立金額434億8,300万円433億2,500万円100.4%

月別バックナンバー

  • 都内各地の法人会
  • 東法連 特定退職金共済会

ページの先頭へ