社会貢献活動

都内法人会 コロナ禍における活動事例 本所

公益社団法人 本所法人会

コロナ禍の本所法人会第1グループ研修会

本所法人会は11月13日(金)「『第1グループ研修会」を両国ふじのえビル9階で開催した。本所法人会では地区ごとに第1グループから第7グループまでグループがあり、第1グループ(両国・緑地区)ではコロナ対策を徹底した上で研修会を開催することとした。具体的には、コロナ対策のため定員を先着50名(収容人数の半分以下)に絞って開催。研修会当日は1階で検温を実施し、37.5℃以上の発熱がある場合は参加をご遠慮いただくようにした。参加者はマスク着用が必須である。

研修会は二部制で、第一部は税務研修会として「新型コロナ感染症に関する税制上の措置」と題して、本所税務署法人課税第一部門・上席国税調査官による研修会を行った。研修会では、新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減少した事業者に対する措置である、「納税の猶予制度の特例」や、「消費税の課税選択の変更に係る特例」など、事業者が知っておくべき各種税制上の措置を、上席国税調査官が詳しく説明した。

第二部は気象予報士の天達武史氏による講演で、「人に話したくなる天気のヒミツ」と題した講演を行った。テレビでもお馴染みの人気気象キャスターの講演ということもあり、興味深く天達気象予報士の話を聞き入っていた。

本所法人会ではコロナ収束の見通しが立たない中でも実施できる研修会については、コロナ対策に細心の注意を払いつつ、参加者に楽しんでいただけるイベントを企画していく。

本所法人会HPはこちら

  • 都内各地の法人会
  • 東法連 特定退職金共済会

ページの先頭へ