社会貢献活動

都内法人会 コロナ禍における活動事例 雪谷

公益社団法人 雪谷法人会

社労士による「雇用調整助成金」「持続化給付金」個別説明会

雪谷法人会は6月24日・26日・29日・30日・7月1日の合計5日間、「雇用調整助成金」「持続化給付金」の社労士による個別説明会を行った。

 コロナ禍で困窮する事業者にとって、両制度への関心は高かったが、制度利用検討する事業者からは「申請手続きが煩雑すぎて利用できない」「必要な書類が多すぎてわからない」という声が制度発足当初から上がっていた。

特に「自社が申請するにあたり何が必要なのか、誰に相談していいのかわからない」という声も多かったことから、雪谷法人会は会員である「さくら坂社労士パートナーズ」に協力を求め、個別説明会を開催することとなった。

 ただし、コロナ禍で対面式の個別説明会を開催するには越えなければならないハードルも多々あった。そこで雪谷法人会事務局全体で考え付くコロナ対策について意見を出し合い、それら全てを実施することで開催に至った。

個別説明会当日は下記のコロナ対策を実施の上、開催した。

➀会場に手指消毒剤と台を設置。来場者にマスク着用を徹底させる

②窓開け換気

③事前予約による人数・連絡先の把握および時間帯に区分した人数の限定

④待合室含め、ソーシャルディスタンスを保てる席配置

⑤林先生と相談者の間に飛沫対策パーテーションを設置。

自社の実状にあった申請手続きにおける課題を、コロナ禍であるにも関わらず個別対面方式で説明してもらえるということで、多くの申込があった。

雪谷法人会では、今後も会員事業者が必要とするサービスを考え、実施する。

雪谷法人会HPはこちら

  • 都内各地の法人会
  • 東法連 特定退職金共済会

ページの先頭へ