都内法人会 コロナ禍における活動事例

都内法人会 コロナ禍における活動事例 大森

公益社団法人 大森法人会

「徹底したコロナ対策による各種セミナー」

大森法人会は9月より「経理セミナー」、「年末調整講座」、「法定調書講座」を再開させている。

セミナー再開にあたっては下記コロナ対策を条件に開催している。

➀会館内研修室(定員50名程度)にて、定員20名(各長机に1名)で開催

②受付で手指の消毒・検温を実施。マスク着用の上、入室してもらう。

③会場扉は締めず、空調・サ―キュレータを使用し、室内換気に配慮。

④講師台には、飛沫対策アクリル板を設置。

なお、セミナー案内文書に下記文言を付記している。

・研修会参加の場合、マスク着用にてお願い致します。

・講義中は会場の換気をしております。また、入室の際は手指の消毒、検温をお願いしております。

・ソーシャルディスタンスにご協力をお願いいたします

・行政等からの発表に応じ、発熱、咳、倦怠感等、少しでも感冒症状のある方は受講をご遠慮ください。

大森法人会ではコロナ対策を徹底することにより、会員の方々に少しでも安心してセミナーに参加していただける様配慮し、今後も各種セミナーを開催していく。

 

大森法人会HPはこちら

  • 都内各地の法人会
  • 東法連 特定退職金共済会

ページの先頭へ