都内法人会 コロナ禍における活動事例

都内法人会 コロナ禍における活動事例 蒲田

公益社団法人 蒲田法人会

2020年度チャリティ寄席

11月5日(木)、蒲田法人会は毎年恒例の「2020年度チャリティ-寄席」を開催した。今年も会場は大田区民ホール・アプリコ大ホールとなるが、収容人数1,477名に対し、新型コロナウイルス感染症対策のため、400名限定の事前申込制、全席指定とし、参加者の名簿、配席図を作成し事後に備えた。更に参加券には「当日はマスクの着用・消毒・検温等にご協力お願い致します。」と記載して、来場者に感染防止対策への協力をお願いしている。

今年度のチャリティー寄席は三遊亭小遊三、ナイツ、三笑亭夢太朗などが出演する豪華な寄席であり、お茶の間で大人気の三遊亭小遊三師匠の粋でいなせな芸風は、大いに会場を賑わせた。「ナイツ」は得意の時事ネタ漫才で「コロナ」すらも笑いに変える話芸で会場を沸かせた。また、毎年本チャリティーイベントに出演している三笑亭夢太朗師匠は落語の講演で海外にも行かれる中、観光特使にも就任している地元・大田区で地元客を前にお馴染みの落語を披露し、本イベントは大盛況のうちに終了した。

蒲田法人会では、今後開催するイベントについてもコロナ対策を実施し、会員企業や一般の方に楽しんでもらえるイベントを開催していく。

 

蒲田法人会HPはこちら

  • 都内各地の法人会
  • 東法連 特定退職金共済会

ページの先頭へ