都内法人会 コロナ禍における活動事例

都内法人会 コロナ禍における活動事例 四谷

公益社団法人 四谷法人会

「令和2年度年末調整研修会と四谷間税会共催税務研修会」

四谷法人会は令和2年11月5日午前、6日午前・午後の合計3回、「令和2年度年末調整研修会」を開催する。また、四谷間税会と共催で「税務研修会」も11月4日(水)に開催し、定員を超える申込があったため、追加募集として11月17日(火)・12月3日(水)も開催することとなった。

いずれの研修会も、新宿歴史博物館2階講堂で実施し、新型コロナウイルス感染症感染防止のため、各会の定員を40名限定とした。

「令和2年度年末調整研修会」については、新型コロナウイルス感染症の影響により、会場を使用する研修会は中止または延期となるものが多かったが、今年度の年末調整については変更等が多く重要であるため、会場内の感染症対策を確認した上で、本研修会を開催する運びとなった。なお、毎年実施している会場での年末調整に係る用紙配布は行わない。

また、「消費税法の改正について ~適格請求書等保存方式(インボイス)の導入等~ 」についても、令和3年10月1日から「適格請求書発行事業者登録申請」が始まる予定であるため、各事業者の準備期間等を考慮し、開催を決めた。なお、4日・17日分は募集からすぐに満員となり、12月3日分も定員に達する見込みである。

未だコロナ禍収束に至ってないものの、四谷法人会では重要な改正等に係る研修会については、感染症対策を確認した上で実施していく方針である。

※好評につき、「消費税法の改正について」セミナーは全3回に回数を増やし実施する。

四谷法人会HPはこちら

  • 都内各地の法人会
  • 東法連 特定退職金共済会

ページの先頭へ