社会貢献活動

都内法人会 コロナ禍における活動事例 麻布

公益社団法人 麻布法人会

公益事業委員会主催:日本赤十字社献血活動

麻布法人会は、新型コロナウイルスにより東京都全域で献血協力者が過去に例がないほど減少していることを受けて、日本赤十字社と協力し、六本木ヒルズアリーナで献血活動を11月13日(金)に実施する。

献血活動の実施については、新型コロナウイルスが未だ収束しない中での実施となるため開催が危ぶまれていた。しかし、定期的にまとまった人数を集められ、法人会だからこそ協力できる「企業献血」の重要性を鑑みて、公益事業委員会において実施する方向で調整を行った。

今回の実施に際しては、日本赤十字社が行う従来通りの感染症対策に加えて、更に徹底した対策を行うこととなり、この対策により安全な献血会場の運営に取り組めることを確認した上で実施できることとなった。

具体的には感染者や感染の疑いのある方の献血会場への入場はお断りし、入口での注意喚起・体温測定・手指消毒・お願いパンフレット配布(項目に該当する人は献血をご遠慮・職員に申出いただくためのもの)を徹底する。

献血でいただいた大切な血液の約80%はガンなどの病気の方のために使われており、「企業献血」はこれらの方を支えるための大きな力となっている。麻布法人会では今後もこの活動を継続して行う予定である。

麻布法人会HPはこちら 

  • 都内各地の法人会
  • 東法連 特定退職金共済会

ページの先頭へ