社会貢献活動

都内法人会 コロナ禍における活動事例 芝

公益社団法人 芝法人会

徹底した新型コロナウイルス対策と税務研修会


芝法人会は9月より新型コロナウイルス対策を行った上での税務研修会を開催している。コロナ禍により、研修会実施が難しい状況ではあるものの、「どうすれば開催できるか?」について、数ある選択肢の中から事務局全体で考え抜いた結果、「徹底した対策による実会場での研修会」を行っていくことを決めた。

まず、参加者は「新型コロナウイルス感染防止対策等に関する取組とご協力のお願い」を申込時に一読し、同意の上で申込となる(参加申込をした時点で芝法人会の定める感染症対策に同意したこととなる)。なお、感染者発生時に向けた対応のため、必ず氏名・連絡先情報を入力してもらう。

次に、事務局は会場内のコロナ対策を下記の通り行い、感染防止に努める。

・会場前には、非接触型の赤外線サーモグラフィー体温計と、ペダル式のアルコール消毒液を設置。

・対面が想定される受付では飛沫防止パーテーションを設置。金銭のやりとりはキャッシュトレイの使用やAir PAY(エアペイ)を導入し、資料は受付渡しではなく、机上配布とする。

・参加人数は予め会場定員50%未満に絞り、ソーシャルディスタンスを保つ席配置の上、指定席制。

・30分に最低5分程度の換気を行う。予めサーキュレーターを対角線上に2台設置しておき、使用することで空気を循環させ、休憩時間内での室内空気の入換を行う。

・講師席には飛沫防止パーテーションを設置。更に講師席については休憩時間中に机・椅子・マイクの消毒を実施。

今後も芝法人会は感染防止対策を徹底した上で実会場での研修会を実施していく。 

芝法人会HPはこちら 

 

  • 都内各地の法人会
  • 東法連 特定退職金共済会

ページの先頭へ