さぁ 今こそ! 一歩踏み出す法人会  TACHIKAWA-HOJINKAI
TOP > Smap > 若者就労支援活動

■プレスリリース
■メルマガ会員登録
■企業公開情報(社員名簿)
■セミナー・研修会スケジュール
■社会保険料算出ソフト
■特定退職金共済制度
■e-Tax & eLTAX
■官公庁等からのお知らせ
■税務・会計・労務動向
■税務コンプライアンス
■10分でわかる!日本経済の動き
■税の啓発活動
■税制改正要望活動
■小学生向け租税教室
■租税教室まんが版
■税に関する絵はがきコンクール
■新品タオル寄贈活動
■若者就労支援活動
■中小企業エコ支援活動
■税と経営の情報誌発行
■その他の公益的活動
■地域の催しコーナー
■情報コラムBOX
■ITばんざいマンガ版
◆サイトマップ
若者就労支援活動









2007年6月から、若者の職場体験を毎月受け入れています。
 受け入れ始めたのは、元来、当社では、 若者の社員を定着させていくためにどうすればよいかという課
題を抱えており、 そのヒントを得たいと考えたからです。
 最初は社員たちが、「ニート」状態の若者をメディアで言われている「わがまま、意欲がない」 若者というイ
メージを持っていたため、受け入れることに対して不満の声があがりました。
 そこで特に幹部の社員たちとは、じっくり話し合いの時間を作りました。
 しかし一度受け入れると、社員は、 ニート状態の若者が普通の若者とあまり変わらないということを実感
でき、 二回目以降は、 若手の社員に任せることができています。
 若手の社員は、今まで面倒を見られる側だったのが、同年代の若者の面倒を見る側に立つことによって、
 精神的に変化しています。
 
 私どもの仕事を、若者は対「車(物)」であるかのように捉えがちなのですが、実は、その背景には 「人へ
  のサービス」 という視点を持つことが重要で、それによって仕事の幅が広がると考えることができます。
  外部の人間に手順を教えるということを通して、人への気遣いができ始めているように感じています。
  これは、なかなか社員同士だけでは学べないことです。
  最近では、受け入れた若者の就職が決まったという知らせがあると、社員たちが「自分たちが役に立った と喜び合っています。
  社員にとって、若者の職場体験受け入れは、仕事への誇りを感じることにも繋がっています。
  人数が少ないから、 若者にさせる仕事はないからということで若者の受け入れに消極的になってしまっている中小企業の社長さん
  にお会いする機会が多いです。
  職場体験で来る若者は、非常に真面目で、どんなことでもやり、小さなことでも感動し、最初は表情が硬くても帰るころには、 充実
  感に満ちたいきいきとした表情になっています。
  また、人数が少ないからこそ受け入れることで社員の幅が広がり、戦力になるのではないかと思います。







      1. お打ち合わせ (御社あるいは、ご指定の事業所にて)
        体験の内容についてご相談させていただきます。簡単な作業補助、 ボランティア職員等を活用されている事業所様
        の場合は、それに準ずる作業、あるいは、 御社でお持ちの「研修プログラム」に参加させていただくことも、 社会体
        験が不足している彼ら/ 彼女らには有効な体験となります。
   
       2. 事前研修 (職場体験前に、当ステーションにて)
         職場体験を希望する若者にコミュニケーション・ビジネスマナーの講座を行います。 体験中に不定になってしまうなど
         する若者については、 この段階のトレーニングを繰り返します。
   
       3. 職場体験 (御社あるいは、ご指定の事業所にて)
         取り決めの日時にスタッフ(1名)が引率し、体験を希望する若者とお伺いします。後日、 薄謝にて恐縮ですが、
          \5,000×受け入れ日数の協力金をお振り込みさせていただきます。 体験中の事故や怪我等については、当方加入
          の損害保険にて対応したします。 御社にご迷惑をおかけすることはございません。
   
        4. ふりかえり
          体験後に、本人に「振り返りアンケート」を記入させ、スタッフが聞き取りを行います。 また、 後日、御社に伺って、
           アンケート内容や参加者の様子や進路状況などをお伝えいたします。





2007年6月から、若者の職場体験を毎月受け入れています。
 受け入れ始めたのは、元来、当社では、 若者の社員を定着させていくためにどうすればよいかという
課題を抱えており、 そのヒントを得たいと考えたからです。
 最初は社員たちが、「ニート」状態の若者をメディアで言われている「わがまま、意欲がない」 若者という
イメージを持っていたため、受け入れることに対して不満の声があがりました。
 そこで特に幹部の社員たちとは、じっくり話し合いの時間を作りました。
 しかし一度受け入れると、社員は、 ニート状態の若者が普通の若者とあまり変わらないということを実
感でき、 二回目以降は、 若手の社員に任せることができています。
 若手の社員は、今まで面倒を見られる側だったのが、同年代の若者の面倒を見る側に立つことによっ
て、 精神的に変化しています。
 
 



〒190-0011 東京都立川市高松町3-13-21 ウィング高松3F TEL: 042-529-3378
HP: http://www.sodateage.net/yss/tachikawa/

     若者の職業的自立のための総合相談窓口:個別に、 就職に関する不安や悩みなどに関する相談を行います。
     同時に対話能力や社会性を養成するセミナーや一日職場体験なども活用することで、 自立に向けた支援を行います。
     保護者対象の相談やセミナー等も行っています。
             【対象者:15〜34歳までの若者、その保護者】
 





        立川市若年者就業支援事業 MYチャレンジ!
         たちかわ立川ビジネススクール
 
 
         連絡先:NPO法人「育て上げ」ネット(下記)
         担当:井村 良英
         11/7〜12/19までの毎週水曜19:00〜21:00
         立川市総合女性センターアイム第1学習室にて開催
 
         IT、ジャーナリズム、マーケティング、コンサルティ ングなど、 各界で活躍する方々との講演・対話を 通じて、社会
        への視野を広げ、就職・ 転職などに 生かせる能力を養います。学生・転職者・フリータ ーなど、 多様な若者を対象
        としています。(地域の 企業で職場体験先を募集しています) 


          若者の「働く」と「働き続ける」を支援する NPO法人「育て上げ」ネット 
 
         〒190-0011
         東京都立川市高松町2-9-22 生活館ビル3F
         TEL:042-527-6051
         HP:
http://www.sodateage.net/
 
         「働きたいけど働く一歩の勇気が出ない」若者に 対して、 若年者就労基礎訓練プログラム(通称: ジョブトレ)を行って
        います。 立川市内のビルやビ ジネスホテルの清掃、農作業、商店街からの委託 事業 (ペンキ塗りや清掃、 お店のお
        手伝い)、 御 神輿担ぎや企業実習など様々な仕事体験を積み 重ねることで、 グループ行動や仕事の基本を身に 付け、
        就労に繋げていきます。


                ※ たちかわ若者サポートステーションや立川ビジネススクールはNPO法人「育て上げ」 ネットが受託致しております
                ※ NPO法人「育て上げ」ネットは立川法人会 高松支部の会員です 







 
★お問合せ★
(社) 立川法人会 本部事務局
TEL 042(524)2108 FAX 042 (524) 0322
E−mai info@tachikawa-hojinkai.jp


<< 戻る >>



*