さぁ 今こそ! 一歩踏み出す法人会  TACHIKAWA-HOJINKAI
TOP > _

言葉で探す:

調査官はココを見ている! 

 税務調査の事前準備と対応策


(カラー・A5版・48ページ)

平成25年1月から施行された国税通則法の改正事項を踏まえ、税務調査の基本的知識や上手な対応法、また、調査の着眼点やポイントを調査官の目線から解説。 

【目次】 
第1章 税務調査の基礎知識
   1.国税の組織ってどうなっているの?
   2.国税局の調査と税務署の調査に違いはあるの?
   3.お尋ねを返送すると調査に来るってホント?
   4.税務調査を受けずに済む方法はある?
   5.税務調査の対象となる会社はどうして決まる?
   6.税務調査が行われる次期、行われない時期があるってホント?
   7.税務調査にはどんな方法があるの?
   8.税務調査の流れはどうなっている?
   9.上手な税務調査の受け方って?
  10.抜き打ちで調査官が来たらどう対処する?
第2章 指摘されるポイントを総点検
   1.調査官は事前にこんなことを調べている!
   2.税務調査で指摘される項目とは!
   3.税務調査で必ずチェックされることはコレ!
   4.指摘を受けやすい費用項目はコレ!
   5.売上げの調査のポイントはココ!
   6.仕入れ・外注費の調査のポイントはココ!
   7.棚卸しの調査のポイントはココ!
   8.人件費の調査のポイントはココ!
   9.消費税の調査のポイントはココ!
  10.源泉所得税の調査のポイントはココ!
※参考 税務調査による加算税の種類 




資産5,000万円以上の人が知っておきたい
かしこい財産の遺しかた


(カラー・A5版・48ページ)先着34名様

現金、預貯金、土地建物などの不動産、それぞれに考えられる具体的な相続税対策について、マンガとイラストを用いてわかりやすく解説。 

【目次】 
第1章 あなたに合った相続対策マッチングシート
第2章 預貯金の相続対策
   1.「納税資金くらいは…」は間違い?
   2.非課税分くらいは「生命保険金」に加入する
   3.相続税対策の基本「暦年贈与」
   4.2,000万円まで非課税の「おしどり夫婦贈与」
   5.利用金額1兆円超!「教育資金の一括贈与」
   6.新たに創設された「結婚・出産・育児資金の一括贈与」
   7.住宅取得資金の一括贈与
   8.保険を使った「無駄遣い対策贈与」
   9.贈与で“生きた”お金の使い方
第3章 不動産の相続対策
   1.不動産の「超」節税力
   2.かしこく財産をのこすための2つの視点
   3.相続税節税と不動産投資の最大公約数は?
第4章 不動産管理会社を使った節税術
   1.法人を設立すれば所得税が節税できる?
   2.不動産管理会社を設立する相続対策としてのメリット
   3.不動産管理会社を設立するデメリット
   4.法人設立から相続までの流れ
   5.最後に



立川法人会では地域の企業の健全な発展と正しい申告納税を目指して、
実務に役立つ「税に関する小冊子」を差上げております。
送料は無料です。
小冊子の発送は、平成30年2月1日以降となります。



<< 戻る >>



*