さぁ 今こそ! 一歩踏み出す法人会  TACHIKAWA-HOJINKAI
TOP > Smap > (L21)■税務・会計・労務動向 > 今週の「税務・企業会計動向」はこちらから

 
今週の「税務・企業会計動向」はこちらから

(記事提供)株式会社 税務研究会
言葉で探す:
平成30年7月6日版

 【今週の税務】小宅特例 アパートを“駆込み”で取得しただけでは
                          経過措置が不適用に

        30年度税制改正により,相続開始前3年以内に新たに貸付事業の用に
        供された宅地等が除外された小規模宅地特例。貸付用不動産は,居住
        用不動産等に比べて制約も少なく,取得もしやすく売却もしやすいことか
        ら,昨年12月の30年度税制改正大綱の報に接し,相続税対策として,
        今年3月までにアパート等を取得する駆込需要が見込まれていた。
        ただ,短期間で駆込み的にアパート等を取得したとしても,単にアパート等
        を取得するだけでは要件を充足せず,貸付事業用宅地等として50%の
        減額特例を受けるには貸付事業の用に供する必要がある。

  (税務通信No.3514 H30.7.9 2頁に「詳細記事」掲載)

◎国内税務の最新情報はZEIKEN Online Newsで 
http://ww3.zeiken.co.jp/u/No/1459525/0eoIJ5j0dDf0_10437/wzn_180706002.html


【今週の会計
】収益認識の会計・税務 個別論点シリーズ
                       第2回「重要な金融要素」
     
      収益認識基準は、売上高の「金額」と「タイミング」を決めるルールとなる
         ため、5ステップ中の取引価格の算定(ステップ3)や収益の認識(ステップ
         5)に係る論点は特に注目されるところ。
         第2回は、ステップ3の検討項目の一つである「重要な金融要素」を取り上げ、
        その考え方や該当する取引を確認する。 
 
  (経営財務No.3366 H30.7.9 2頁に「詳細記事」掲載)


◎会計の最新情報はZEIKEN Online Newsで 
http://ww3.zeiken.co.jp/u/No/1459525/fDIQh1j0dDf0_10437/wzn_180706003.html

<< 前を表示 | 次を表示 >>

<< 戻る >>



*