イベント報告




イベント名 女性部会≪エンジェルス≫セミナー(介護セミナー)
開催日時 2013年2月24日(日) 13時30分  〜15時30分
場所 美竹の丘・しぶや (多目的ホール)


題  :第3回《エンジェルス》セミナー
日 時:平成25年2月24日(日)午後1時30分〜3時30分
場 所:美竹の丘・しぶや
内 容:介護体験談と接骨院久野信彦院長先生のご講演と実践
参加者:90名

【ご挨拶】
 <女性部石井部会長挨拶>
  《エンジェルス》今回は久野信彦先生を講師にむかえて元気で長生き出来るよう、皆様のお役に
  立ちたいとこのセミナーを企画いたしました。

<法人会柳田会長挨拶>
  このセミナーも3回目、地域の方々と色々な活動を通して会員以外の方にもご協力頂き開催の運
  びとなりましたので、何かを得て行って下さい。

<来賓:桑原区長ご挨拶>
  この様な有意義なセミナーで、知識を身につけ、健康作り・介護予防に成果のある一日にして下
  さい。

【介護体験者の発表 】
 古谷まゆり氏
   彼女のお母様が特別養護老人ホームに入所されるまでの、在宅介護での貴重な体験を伺いまし
   た。ちなみに現在も同居のお義母様や、独居のお父様の介護が続いているそうです。

  以下、抜粋です。
 『16年前のケガによる入院から軽度の認知症となり、それ以降在宅介護が始まりました。
 認知症の母親を社会から隠さず、訪問ヘルパーやデイサービス等の公的援助を積極的に受入れた事
 で助けられました。
 しかし、徐々に進行していく認知症の一番の不安は「これからどうなるの?」です。
 ある時、隣家が火事になりました。ご近所の方が「あそこの家にお年寄りが居る」と、消防士に知
 らせて下さり、窓ガラスを割って助けて頂きました。何事もオープンにしておいて、良かったと痛
 感しました。
 公的援助と家族による在宅介護にも限界が来て、特別養護老人ホームに申し込むも、すぐに空きは
 ありません。行き場のない親の介護で、身の縮む思いもしてきました。
 反面、多くの皆様との出会いもありました。自分を開く事で、沢山の方に助けて頂き、乗り越えて
 きました。これからは、できる事から小さな恩返しをしていきたいです。』
 途中、住宅改修費の助成や、リハビリパンツ購入時の8割助成等の実践的な情報も交えながら、在
 宅介護のエピソード、お母様への想いを語られました。

【講演】
 <接骨院久野信彦院長先生>
 ・プロフィール
  1945年   愛知県生まれ
  1968年   名城大学薬学部卒  (薬剤師) 杏林薬品神戸営業所入社
  1986年   久野接骨院開業    故・成田きんさんの運動トレーナーとして注目を
          集め、現在も高齢者の筋肉トレーニング指導に力を入れている。

 ・著 書:「老筋力」「100歳まで歩ける!クノンボールエクササイズ」等

 ・その他詳細は、久野信彦オフィシャルサイトをご参照下さい。

  チラシのタイトルに有ります様に、成田きんさんを107歳まで歩かせた、「長寿のカリスマ院
  長」さんに老筋力の鍛え方をご講演・実践して頂きました。

  以前は高齢者の筋肉トレーニングは禁止されていたが、ご自分が開発した筋トレで緩やかにトレ
  ーニングをすると高齢者でも筋力が増し、膝や腰の痛みが緩和されて、「旅行に行こう・ゲート
  ボールでもしよう」等目標を持って人生を歩む様になり、多数の方が生甲斐を感じ、認知症の予
  防にもなって来ました。

 筋肉トレーニングの基本
  ・難しい事はしない ・無理はしない ・楽しんでする ・旅行等目標を持つ
  ・2人以上ですると飽きずに続けられる
   若い人に世話にならないよう理想的な自立歩行を目指して日々の努力で筋力を回復する事が
   出来ると、ビデオ上映を交えながらご講演して頂きました。

【クノンボール実体験】
  ボールと椅子を使って先生のご指示で簡単なクノンボール体操を実施しました。
  テレビを見ながらや、毎日少しの時間で練習でき、医療はお金を掛けずに自分の力で筋力をつけ
  ようとご指導して頂きました。